2019年08月11日

読売テレビ新社屋

is20190721take01.jpg

所 在 地:大阪市中央区城見一丁目
竣工年月:2019年1月
規  模:地上17階、地下1階
構造形式:RC・S・SRC・CFT造
その他 :免制振ハイブリッド構造
意匠設計:竹中工務店
構造設計:竹中工務店

竹中工務店が提唱する最高水準の安全性とハイグレードな安心感を兼ね備えた「プレミアムセイフティビル」です。
大震災時にも報道を続ける必要があるテレビ放送局という建物用途を考え、上記が採用されています。

高層部分に対し、低層部分が広がっている建物形状に対し、発生するむち振り現象を制御するために基礎免震に加えて、低層部と高層部の切り替わり位置に制振ダンパーにより地震エネルギーを吸収して揺れを抑える集中制振架構を設けた「基礎免震+中間階集中制振」(免制振ハイブリッド構造)が採用されています。

img02.jpg

【詳細情報】
https://www.takenaka.co.jp/news/2019/07/02/index.html

タグ:大阪府
posted by 建築構造設計べんりねっと at 17:01| Comment(0) | 免震・制振

2019年06月08日

セラミックパークMINO(川口衛)

normal.jpg

所 在 地:岐阜県多治見市東町
竣工年月:2002年6月
規  模:地上4階、地下2階
構造形式:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造、
その他 :並進振子免震システム
意匠設計:磯崎新、熊谷建築設計室設計共同企業体
構造設計:川口衞構造設計事務所

2019年5月29日、86歳で永眠された川口衛先生の作品です。2003年JSCA賞、2005年日本免震構造協会賞を受賞しています。

美術館展示室には、吊り免震構造で世界初となる「並進振子免震システム」を採用しています。
展示室全体(900u/1300t)を主架構から上下端にユニバーサル・ジョ イントを持つ32本の柱で平面上全方向に動けるように吊り下げています。

fac_pht_exbn01.jpg

川口衛先生と言えば、代名詞はスペースフレーム構造。他にも国立代々木競技場を始め、優れた構造物を残しています。


【詳細情報】

https://www.jssi.or.jp/bussiness/hyoushou_detail/aw-9kai.pdf

http://www.kawa-struc.com/projects/projects_0501_j.htm
タグ:岐阜県
posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:23| Comment(0) | 構造家作品

2019年05月19日

ダイヤゲート池袋

index_img01.jpg

所 在 地:東京都豊島区南池袋一丁目
竣工年月:2019年2月
規  模:地上20階、地下2階(高さ99.98mm)
構造形式:鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
その他:
意匠設計:日建設計
構造設計:日建設計

電車が飛び出すビルとして、電車マニア達の聖地ともなっているダイヤゲート池袋です。

この建物は運行中の西武池袋線の上に構築した人工地盤の上に作られています。人工地盤と上部構造の間は免震層が設けられています。

この外観デザインは、鉄道の運行図表「ダイヤグラム」がモチーフとなっていますが、これはデザインのみではなく、ブレースとしても機能しています。

index_img04.jpg



タグ:東京都
posted by 建築構造設計べんりねっと at 09:53| Comment(0) | 話題の建築物