2014年12月28日

モード学園コクーンタワー

200px-Cocoontower.jpg

所 在 地:東京都新宿区西新宿
竣工年月:2008年10月
規  模:地上50階地下3階(204m)
構造形式:鉄骨造(一部鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造)、制振構造
そ の 他:ダイアゴナル・フレーム
意匠設計:丹下都市建築設計
構造設計:アラップジャパン

 インナーコアと3つのダイアゴナル・フレーム(斜め格子状の柱梁を組み合わせたもの)で構成されています。外周を取り囲むダイアゴナル・フレームにより、建物に作用する鉛直力や水平力を効率よく地下構造へと伝達する構造です

IMG_20190406_180439.png

 内部には12本のCFT(コンクリート充填鋼管)柱を用いたラーメンフレームを配置。加えて15〜39階にはオイルダンパー150基を設置し、地震や風による揺れを低減しています。

【詳細情報】
http://www.shimztechnonews.com/topics/t080611.html

https://www.kawada.co.jp/technology/gihou/pdf/vol27/27_gijutu_09.pdf

タグ:東京都
posted by 建築構造設計べんりねっと at 22:36| Comment(0) | 超高層

東京スカイツリー

300px-Tokyo_Sky_Tree_2012.jpg

所 在 地:東京都墨田区押上1丁目
竣工年月:2012年2月
規  模:地上29階 ※第2展望台まで(634m)
構造形式:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、鉄筋コンクリート造、心柱制振
そ の 他:鼎(かなえ)トラス、水平連結トラス、リングトラス、質量付加機構
意匠設計:株式会社日建設計
構造設計:株式会社日建設計


 中央に鉄筋コンクリート造の円筒形の非常階段室(心柱)を配置し、それを取り囲む形でエレベーター等を内包する鉄骨造のコア(中塔、内塔)を配置されている。
 その外側は、鋼管によるトラス構造で形成している。タワー足元の正三角形の隅の部分には4本の主材からなる鼎トラスと呼ぶトラスを配置するとともに、水平構面でこのトラスを連結する構造となっている。

img_structure_08.jpg

【詳細情報】
http://www.rist.cst.nihon-u.ac.jp/prsn/paper/1_konishi.pdf

http://www.nikken.co.jp/ja/skytree/index.php

タグ:東京都
posted by 建築構造設計べんりねっと at 20:53| Comment(0) | タワー、スタジアム

大林組技術研究所 本館 テクノステーション 「スーパーアクティブ制震ラピュタ2D」

news20140408_01.jpg

所 在 地:東京都清瀬市下清戸4丁目
竣工年月:2010年9月
規  模:地上3階建て
構造形式:鉄骨造
そ の 他:スーパーアクティブ制震『ラピュタ2D』
意匠設計:大林組
構造設計:大林組

 積層ゴムに加えて設置されたアクチュエータ(加力装置)で建物自体をすばやく動かして地震の揺れを打ち消します。
 建物と地面に設置したセンサーで地震力を感知し、コンピュータで最適な制御力を求め、アクチュエータに指令を出します。その結果、地面の揺れに影響されず、言わば建物が空中に静止するかのような状態を実現することができます。

 従来の免震システムでは、概ね地面の揺れの1/3から1/5までに建物の揺れを低減することが可能でしたが、スーパーアクティブ制震『ラピュタ2D』では、1/30から1/50まで低減することが可能となります。

img1_file583c01768fad3.jpg

【詳細情報】
https://www.obayashi.co.jp/news/detail/news_20121220_1.html

http://www.jisf.or.jp/business/tech/steeldesign/documents/steeldesign18.pdf

http://dl.ndl.go.jp/view/download/digidepo_9387931_po_2010_074_06.pdf?contentNo=1&alternativeNo=



タグ:東京都
posted by 建築構造設計べんりねっと at 20:23| Comment(0) | 免震・制振

ザ・キタハマ

kitahama.jpg

所 在 地:大阪府大阪市中央区高麗橋1丁目
竣工年月:2009年3月
規  模:地上54階、地下1階建て(高さ209m)
構造形式:RC造、制振構造
そ の 他:ニュースーパーRCフレーム構法
意匠設計:三菱地所設計、日本設計、鹿島建設、長谷工コーポレーション
構造設計:鹿島建設

 日本で最も高層の分譲マンションです。戸数は465戸になります。

 建物の中央部分に地下から最上階まで厚さ1.6から1mの「スーパーウォール」と呼ぶコア壁(構造壁)を構築し、その頂部に「スーパービーム」となる4本の梁を張り出し、梁と柱を制震装置で繋ぐ構造となっている。

03.gif

【詳細情報】
http://www.kajima.co.jp/news/digest/sep_2008/site/index-j.htm
タグ:大阪府
posted by 建築構造設計べんりねっと at 20:21| Comment(0) | 超高層