2019年04月05日

モード学園スパイラルタワーズ

2009yamawaki-1.jpg

所 在 地:愛知県名古屋市中村区名駅4丁目
竣工年月:2008年3月
規  模:地上36階、地下3階(170m)
構造形式:鉄骨造(柱CRT)、一部鉄骨鉄筋コンクリート造
その他 :インナートラスチューブ
意匠設計:株式会社日建設計
構造設計:株式会社日建設計(山脇克彦)

 名古屋駅前に建つスパイラル状のデザインが印象的な第20回JSCA賞に選ばれている建築物です。

 建物中心のコアまわりにインナートラスチューブと称する堅固な大黒柱が設けられています。このインナートラスチューブはコア周りの12本のCFT柱と鋼管ブレースによりトラス状のチューブを構成し、剛性および耐力を確保している。

 外周の斜柱に生じる軸力よる水平力で建物全体の捩れは、平面トラスを構成する大梁を介してインナートラスチューブに流し、処理している。

 一見、複雑だが非常に合理的な架構計画となっている。

3-Fig04.jpg

【詳細情報】
http://www.jsca.or.jp/vol5/p3_1_prize/200912/doc03.php

https://www.nikken.jp/ja/dbook/fact2008/pageindices/index21.html

タグ:愛知県
posted by 建築構造設計べんりねっと at 07:02| Comment(0) | JSCA賞、構造デザイン賞