2019年04月13日

梅田スカイビル (木村俊彦)

250px-2018_Umeda_Sky_Building.jpg

所 在 地:大阪府大阪市北区大淀中一丁目
竣工年月:1993年3月
規  模:地上40階 地下2階(高さ173m)
構造形式:鉄骨鉄筋コンクリート造
その他:
意匠設計:原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
構造設計:木村俊彦構造設計事務所

 新梅田シティ内にある大阪のランドマークと言える木村俊彦氏の構造設計作品です。

 40階、高さ173mのタワーが頂部の空中庭園で接続された構造形式となっています。この部分は意匠的要素のみでなく、
振動を抑制するための構造要素として計画されています。

 また、この空中庭園は地上で組み立ててからワイヤーロープでつり上げる「リフトアップ工法」で施工された事でも有名です。
タグ:大阪府
posted by 建築構造設計べんりねっと at 12:18| Comment(0) | 構造家作品
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: