2019年06月08日

セラミックパークMINO(川口衛)

normal.jpg

所 在 地:岐阜県多治見市東町
竣工年月:2002年6月
規  模:地上4階、地下2階
構造形式:鉄骨造、鉄骨鉄筋コンクリート造、一部鉄筋コンクリート造、
その他 :並進振子免震システム
意匠設計:磯崎新、熊谷建築設計室設計共同企業体
構造設計:川口衞構造設計事務所

2019年5月29日、86歳で永眠された川口衛先生の作品です。2003年JSCA賞、2005年日本免震構造協会賞を受賞しています。

美術館展示室には、吊り免震構造で世界初となる「並進振子免震システム」を採用しています。
展示室全体(900u/1300t)を主架構から上下端にユニバーサル・ジョ イントを持つ32本の柱で平面上全方向に動けるように吊り下げています。

fac_pht_exbn01.jpg

川口衛先生と言えば、代名詞はスペースフレーム構造。他にも国立代々木競技場を始め、優れた構造物を残しています。


【詳細情報】

https://www.jssi.or.jp/bussiness/hyoushou_detail/aw-9kai.pdf

http://www.kawa-struc.com/projects/projects_0501_j.htm
タグ:岐阜県
posted by 建築構造設計べんりねっと at 10:23| Comment(0) | 構造家作品

2019年05月06日

表参道ヒルズ(安藤忠雄+金箱温春)

images.jpeg

所 在 地:東京都渋谷区神宮前
竣工年月:2006年1月
規  模:地上 6 階、地下 6 階
構造形式:SRC 造、一部RC 造 + S 造
その他:中間層免震
意匠設計:安藤忠雄建築研究所
構造設計:金箱構造設計事務所

ご存じ、同潤会アパート跡に建築された表参道ヒルズです。
安藤忠雄氏、金箱温春氏の日本最強コンビによる設計です。

地下3階から地上3階までの6層の店舗部分は、三角形の吹抜けの周りを「スパイラルスロープ」と呼ばれる通路がらせん状につながっている構造としては、ややこしい形状です。

上部3層は住居となっていますが、店舗と住居の間に免震層を設けられていますが、免震層上部の階数が少ないため、免震効果を生かすために上部構造の支持点が少なくされており、鉄骨造による中間部17mスパン、両端部は12.5mのオーバーハングとなっています。

下層の店舗部分はSRC造です。
尚、基礎がGL-28.5mと深いため、土圧・水圧による浮上り防止のアンカーが設置されています。
タグ:東京都
posted by 建築構造設計べんりねっと at 18:01| Comment(0) | 構造家作品

2019年04月13日

梅田スカイビル (木村俊彦)

250px-2018_Umeda_Sky_Building.jpg

所 在 地:大阪府大阪市北区大淀中一丁目
竣工年月:1993年3月
規  模:地上40階 地下2階(高さ173m)
構造形式:鉄骨鉄筋コンクリート造
その他:
意匠設計:原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
構造設計:木村俊彦構造設計事務所

 新梅田シティ内にある大阪のランドマークと言える木村俊彦氏の構造設計作品です。

 40階、高さ173mのタワーが頂部の空中庭園で接続された構造形式となっています。この部分は意匠的要素のみでなく、
振動を抑制するための構造要素として計画されています。

 また、この空中庭園は地上で組み立ててからワイヤーロープでつり上げる「リフトアップ工法」で施工された事でも有名です。
タグ:大阪府
posted by 建築構造設計べんりねっと at 12:18| Comment(0) | 構造家作品