2019年04月13日

住吉の長屋 「安藤忠雄作品の構造設計」

sumiyoshi240bd.jpg

所 在 地:大阪府大阪市住吉区住吉2丁目
竣工年月:1976年2月
規  模:地上2階
構造形式:壁式鉄筋コンクリート造
意匠設計:安藤忠雄
構造設計:アスコラル構造研究所


 建築設計に携わっている人であれば誰もが知っている「住吉の長屋」。1979年に日本建築学会賞を受賞した安藤忠雄氏の代表作品です。

 この建物を設計したのは、アスコラル構造研究所と言う大阪の構造設計事務所です。アスコラル構造研究所は他にも『兵庫県立こどもの館』(1991年BCS賞受賞)など多数の安藤忠雄氏の作品の構造設計に携わっています。

 ご存知の通り、平面形状は以下のようになっています。建物中央部には吹き抜けがあり、剛床が成立しなく、耐力壁も建物の両端のみと言う形状です。普通の構造設計者であれば、断るような計画です。

sumiyoshi-plan1.jpg
タグ:大阪府
posted by 建築構造設計べんりねっと at 12:39| Comment(0) | 話題の建築物

梅田スカイビル (木村俊彦)

250px-2018_Umeda_Sky_Building.jpg

所 在 地:大阪府大阪市北区大淀中一丁目
竣工年月:1993年3月
規  模:地上40階 地下2階(高さ173m)
構造形式:鉄骨鉄筋コンクリート造
その他:
意匠設計:原広司+アトリエ・ファイ建築研究所
構造設計:木村俊彦構造設計事務所

 新梅田シティ内にある大阪のランドマークと言える木村俊彦氏の構造設計作品です。

 40階、高さ173mのタワーが頂部の空中庭園で接続された構造形式となっています。この部分は意匠的要素のみでなく、
振動を抑制するための構造要素として計画されています。

 また、この空中庭園は地上で組み立ててからワイヤーロープでつり上げる「リフトアップ工法」で施工された事でも有名です。
タグ:大阪府
posted by 建築構造設計べんりねっと at 12:18| Comment(0) | 構造家作品

2019年04月09日

aLuminum-House (徐光)

IMG_20190409_231605.jpg


所 在 地:神奈川県川崎市
竣工年月:2005年5月
規  模:地上1階
構造形式:プレストレストアルミ造
その他:
意匠設計:株式会社アトリエ天工人
構造設計:ジェーエスディー


 記念すべき第1回日本構造デザイン賞に選ばれた作品は徐光氏の構造設計による専用住宅です。

 日本構造デザイン賞は、2005年6月に終結した「松井源吾賞」を継承するかたちで、2006年に発足した表彰システムで、日本構造家倶楽部が主催・運営しています。

 この建物は、まさに建築家、構造家の作品と言うべきものとなっており、ダイナミックなコンクリートの台座と繊細なアルミニウムがもたらす透明感あふれる軽快を持つ住宅となっています。このような独創的な建物には優れた構造家の協力なしでは成立しないでしょう。


【詳細情報】
http://www.jsdclub.jp/JSDC_Award.html
タグ:神奈川県
posted by 建築構造設計べんりねっと at 23:17| Comment(0) | JSCA賞、構造デザイン賞